記事一覧

熊西市民C藍染講座の報告

ファイル 804-1.jpegファイル 804-2.jpegファイル 804-3.jpegファイル 804-4.jpeg

染色部 山村支援員からの報告です。
【熊西市民センター藍染め報告】

6月29日(水)今年度初の藍染講座が、
熊西市民センターで開かれました。
参加者は、「たらばる・わくわく塾」の8名の皆さん。
女性6名、男性2名。
工房からは、事務長・山村・所員の大浦さん、
本家さんと講座に参加をさせて頂きました。

熊西市民センターでの藍染め講座は初めてだったので、
中には
「初めての藍染め体験、楽しみにしていました。」という
声をかけてくださる方もいて
私も、とても嬉しい気持ちで講座に参加をさせて頂きました。
まずは桑の実工房の紹介から。今回も紹介動画の上映と、
実際に商品を展示させて頂きました。
「親子ビーグル商品可愛いですね!」、
「継ぎ目がわからないくらい、綺麗に磨いてますね」、
「染色の縫い目がすごいですね」と
商品もたくさん購入して頂きました。
参加した大浦さん、本家さんも
「商品が売れて嬉しかったです」、
「また、商品づくり頑張ります」と嬉しそうでした!

講座中も、皆さん模様の作り方や、デザイン、
とても積極的に質問をして下さりました。
久しぶりの藍染講座、私自身も、
また参加した所員2名もとても充実した時間を
過ごすことが出来ました。

今回、講座を開催して下さいました
熊西市民センターの関係者の皆様方、
また、参加をしてくださいました
「たらばる・わくわく塾」の皆様方
本当にありがとうございました。

第65回評議員会の報告

ファイル 803-1.jpgファイル 803-2.jpgファイル 803-3.jpg

6月11日(土)15時より第65回評議員会を行いました。
主議案は令和3年度事業報告及び決算報告でした。
第10期評議員の方達は
坂口 日志雄(塔野自治区会会長)氏
田中 陽子(塔野社会福祉協議会会長)氏
渡邊 義隆(元北九州市教育次長)氏
シャルマ直美(スクールカウンセラー)氏
小橋 祐子(NPO法人わくわーく理事長)氏
小柳 康博(特別支援学校教諭)氏
古賀 明(特別支援学校教諭)市
以上の7名で構成しています。
多面的な活動をされ、経験豊富な方達であり
法人にとって心強い存在です。
また、3名の方が地域に在住し活動をされています。
桑の実工房が地域と連携し活動を企画する際には
欠かせない存在となります。
令和4年度の事業計画についても説明をしました。
皆さん活発に意見交換をしていただき、充実した
評議員会となりました。早速、地域行事の企画で
打合せをすることとなりました。
定例の評議員会に限らず。時々に連携を取りながら、
法人経営への助言をお願いしたいと考えています。 

桑の実だより6月号【241号】

ファイル 802-1.jpgファイル 802-2.jpgファイル 802-3.jpgファイル 802-4.jpg

桑の実だより241号【6月号】をアップします。

感染症への対策を継続しながら
金曜日の余暇支援を実施しています。

1P
◇ケース会議・個別支援懇談
2P
◇グループ活動の紹介
3P
◇スポーツ活動の紹介
4P
◇ビジネスマナー研修報告
◇永野医師 健康相談の報告
◇新送迎支援員<濱田さん>の紹介

福岡県立大 相談援助実習講義報告

ファイル 801-1.jpgファイル 801-2.jpg

【仲本支援員からの報告です】

2022年5月19日
私の母校、福岡県立大学で講義をしてきました。
社会福祉学科2年生 53名を対象とした相談援助実習事前学習での講義です。
今年も「実習施設・機関の概要と社会福祉士の役割について」がテーマ。
桑の実工房職員として、社会福祉士として、県立大を卒業した先輩として
支援現場で働く中でのやりがいや楽しさを伝えてきました。
桑の実工房の魅力も思う存分話しました。

講義後半
私が一年目に初めてMさんの宿泊支援をした時の事を題材に
「Mさんが安心して泊まれるように、皆さんだったらどんな工夫をしますか?」
と考える時間を設定しました。
発表されたアイディアは
・写真を使ったガイドブックを作ってみる
・事前に一緒に宿泊場所の下見をする
・準備し易いようにイラストを使ったチェックリストを作る
・日頃使っている道具を持ち込む 等
実際に私がやってみた支援と近いアイディア、
「なるほど」と思うアイディアもあり面白かったです。

今回の講義を通して学生に学んでほしかったことは
相手の立場に立って考える。想いを汲み取り支援に繋げる。
言葉に耳を向け、姿・表情に目を向け、気持ちに心を向ける。
それら対人援助の「当たり前のこと」を当たり前に実践できる。
それが社会福祉士の役割だということです。
そしてその力は、直接支援の現場でこそ培われます。

53人のうち1人でも「桑の実工房のこと調べてみよう」
もっと言えば
「桑の実工房で実習してみたい」
「将来桑の実工房のような職場で働きたい」
そう思ってくれた学生がいると嬉しいです。

染色部作業の報告

ファイル 800-1.jpgファイル 800-2.jpgファイル 800-3.jpgファイル 800-4.jpgファイル 800-5.jpg

2022.5
昨年度の世界体操記念品発注に続き
染色部に藍染ハンカチ・藍染バッグの
大口の注文をいただきました。

昨年の注文を完成させた実績と自信は大きく
所員の落ち着いた仕事ぶりと
職員の段取りを見ていると
頼もしさで一杯です。

今日は16名の所員が
下地描き・縫い・藍染・アイロン掛けに
取り組んでいました。

一つの商品をそれぞれが得意な工程を
分担して作り込んでいきます。
個が表面に突出するアートではありませんが、
桑の実工房染色部で製作する工芸品です。

納期は7月と10月。
展示会の準備と並行しての作業です。
あの達成感を目指して。

桑の実だより5月号【240号】

ファイル 799-1.jpgファイル 799-2.jpgファイル 799-3.jpgファイル 799-4.jpg

桑の実だより5月号【240号】をアップします。

今月号も盛りだくさんの内容です。

1P
◇2022年度 法人事業説明会・見学会の報告
◇北九州市 SDGs未来モデル発信事業
 https://www.youtube.com/watch?v=j4iirgdzYYo

2P
◇2022年度 着任式・工房説明会
◇ご寄付ありがとうございました
3P
◇桑の実工房 春の人気メニュー紹介
4P
◇2022年度 新規採用職員紹介
 ❖北原支援員
 ❖桑原支援員

法人事業説明会・見学会の報告

ファイル 798-1.jpgファイル 798-2.jpgファイル 798-3.jpgファイル 798-4.jpgファイル 798-5.jpg

4月18日(月)~22日(金)の5日間
令和4年度法人事業説明・見学会を実施しました。

発達障害・ダウン症・てんかんの障害特性別に加えて
グループホーム利用・就労継続支援B型の
5つのグループに編成をしました。

開所以来続けていたご家族と法人役員が一堂に集まる会を
感染症対策で昨年度よりグループ別としました。
全体会・グループ別、それぞれに良さがあり、
事後の感想もほとんどの方がプラス面を捉えられていました。
否応なしに小集団対応を行ったわけですが、
新たな面を発見し、単なる反復になっていたのではと
他のイベントも同様の視点でチェックです。

10名以下のグループですので、意見交換も活発で
事業説明が核ですが、ひとり一人が考えを述べられるように
意見交換の時間を45分設けました。
また、前年度は説明会を午前、見学を午後としていました。
今年度は見学を午前として、昼食調理の見学ができるように配慮しました。
40食近い昼食を準備する姿、日常の取り組みを見学していただき
所員と職員のモチベーションも高まったでしょうし、
何より、ご家族が所員のスキルアップに驚かれただろうと思います。

職員がそれぞれの所員のスキルアップの作業を準備して
ご家族に説明をしました。
こんな活動の積み重ねが「信頼」の基となるのでしょう。

藍染暖簾の紹介

ファイル 797-1.jpgファイル 797-2.jpgファイル 797-3.jpgファイル 797-4.jpg

染色部に注文していた暖簾ができあがりました。
月曜からの法人説明会に合わせてお披露目です

縫い絞りの技法で注文。
左側は全面に。右側は市松模様で依頼をしました。

想像以上の出来具合。
縫い目一つ一つに「手」を感じます。
見飽きない。

皆さんも、暖簾おひとついかがですか。
150㎝✕90cm \6,600<税込>です。

桑の実だより4月号【239号】

ファイル 796-1.jpgファイル 796-3.jpgファイル 796-4.jpgファイル 796-5.jpg

桑の実だより4月号【239号】をアップします。

新年度を迎えました。
今年度の法人事業重点テーマを載せています。
法人役員・評議員と本人・ご家族には
事業計画書をお配りし、
4月18日からの法人事業説明会で
詳細の説明と意見交換を行います。

2010年から12年間 非常勤職員として
勤務していただいた森本さんが退職となりました。
森本さんとの出会いは、1985年私が新採教員として
八幡西特別支援学校に赴任してからです。

八幡特別支援学校では高等部で
進路指導と担任として、3年生を担任しました。
その時の経験は今に繋がっています。

桑の実工房 開所以来、25年。
理事として、非常勤職員として
惜しみなく力を貸していただきました。

休日支援の会「あしたの会」を
立ち上げたのは1999年。
延べ3700人の方々に会員となっていただきました。
毎月の活動と年1回の宿泊旅行。
継続できたのは、間違いなく森本さんの
存在があってこそです。

理事として、これからも経営に関わって
頂きますが、
現場の職員として、一区切り。

長い間、働く姿勢を示してくれて
ありがとうございました。
楽しかった。お疲れ様!【理事長】

1P
◇2022年度 法人事業重点テーマ
2P・3P
◇2022年度 所員紹介
4P
◇2022年度 職員紹介
◇森本さん~今までありがとう~

2022年度 着任式・工房運営説明会

ファイル 795-1.jpgファイル 795-2.jpgファイル 795-3.jpgファイル 795-4.jpgファイル 795-5.jpg

2022.4.1
新年度が始まりました。
今日は新職員着任式と工房運営説明会。

新職員は2名。
桑原支援員は福岡県立大学3年次の実習、
卒業論文の関りを経ての新規採用。
今春、社会福祉士・精神保健福祉士の資格を獲得。
3年ぶりの男性支援員。楽しみです。

北原(旧姓:山田)支援員は7年ぶりの復帰。
結婚で北海道へ。福岡へ転勤を契機に
桑の実工房への復職を希望してくれました。
2009年から障害福祉サービスへ制度変更があり、
生活介護・B型事業を一緒に作り上げた職員です。
また共に新しい価値が創造できること、楽しみです。

続いて、工房説明会。
所員の実態に合わせて、感染対策も兼ねて
4つの会場に分かれて行いました。
説明会では
①2022年度の行事予定
②桑の実工房 紹介ビデオ
③仕事のこと
④暮らしのこと
⑤理事・監事紹介
所員にわかりやすいように動画と写真を
スクリーンやPC画面に映しながら
説明をしました。

それぞれに気持ちを新たに
新年度のスタートです。

お楽しみの会食は 感染症対策で
今年度も工房内での昼食。
ちょっと豪華に
木町家さんのデザート付きのお弁当。
桑の実専用の包装ラベルがあって
ほんとに美味しいし、嬉しい。

「節目」の一日。
節は自分が創るもの。
意識をして創るもの。

ページ移動