記事一覧

慰労会の報告

ファイル 208-1.jpgファイル 208-2.jpgファイル 208-3.jpgファイル 208-4.jpgファイル 208-5.jpg

平成24年3月23日(金)
平成23年度の慰労会を行いました。
新入所員含めて全員が揃って。
気持ちがいいですね。

第1部は工房で。
今年一年を振り返って。
春夏秋冬の季節毎に、おもな行事をスライドで紹介。

季節毎に所員が担当して、コメントしました。
多くの人前で話す経験は、なかなかないものです。
それでも、原稿を見ながらの発表、よく伝わりました。

「笑顔」をキーワードに 
所員全員の笑顔がスライドショーで編集されていました。
みんなが笑って。
「こんな表情いつしていたの」っていう場面もあって。
凄く良かった。
4月21日の法人事業説明会で、是非家族の方にも
見て頂きたいなと。

続いて、恒例、皆勤賞の表彰。
一年間休まずに、通った方。
来見田さん。
玉田さん。
平塚さん。
平野駿介さん。

健康であること。職場が好きなこと。
何より、自分が好きだから休まないってこと。
「たまには、休まないと」って声も聞きますが、
本人の意志で通っていること。
素晴らしいこと。
褒められ、認められていいことです。

続いて、お楽しみ食事へ出かけました。
今年はレストラン「ゆずの木」
開店時には大きな話題となりました。
既に7年目。
様々な苦労は容易に想像できますが、
7年間続けている実績。
理論に勝る実績無し。

フロアで配膳をしている方。
豚汁のお代わりを担当している方。
「自分の仕事!」
プライドが伝わりました。

食事も1500円のセットをお願いしたのですが、
ボリュームも味もバランスも・・・・圧巻。
長い時間の積み重ねで練られたものでしょう。
一朝一夕にはとてもできない。

北九州から高速を使って、約1時間。
その時間と高速料をつかっても、
「行って良かった」と思えるレストラン。

以下のアドレスから訪問できます。
http://www.yuzunoki.or.jp/rest1index.html

帰りがけ、3Fの駐車場へ向かう階段で。
1人の男性が手すりを拭いていました。
1人黙々と。
「お疲れさま」と声を掛ける前に、
「ありがとうございました!」と。

表に出る仕事もある。
ほとんど人目に触れない仕事もある。
彼が
「ありがとうございました」と即座に言えたのは、
人目に触れない仕事でも、
日頃から、それを認めている職場だからだろう。

黙々と手すりを拭く。
簡単に言うが、
なかなか1人で、続けてできることじゃない。

盛りだくさんの慰労会。
今年度も残り一週間となりました。

「おつかれさま」