記事一覧

個別支援<ケース>会議

ファイル 229-1.jpgファイル 229-2.jpgファイル 229-3.jpg

桑の実工房では、5月~10月と12月~1月の
毎週火曜日に個別支援懇談を行っています。

本人と家族に
サービス管理責任者と生活支援員5名が参加する懇談です。

個別支援懇談を行う前に、個別支援<ケース>会議を行います。
毎週金曜日の16:30~ 
議論は深まり、定時には終わらずに、残業になってしまいます。

個別支援会議を行う前に、スタッフには写真のスライドを示しました。
会議を進める手順<2012版>です。
この手順は工房の理念「生き物のように変化する」と同様に
毎年、変化しています。
当然です、スタッフの質は年々向上するのですから。

1.アセスメントの修正<担当者提案>
2.昨年度の目標評価
3.現状の課題分析<各参加者最低2項目>
◇プラスの変化・新たにチャレンジできそうなこと
◇生活の質を損ねていること・不適応を起こしていること
4.個別支援目標提案
5.担当者目標提案
6.Discussion
7.個別支援目標決定
8.具体的支援計画検討
◇誰が・何時・何処で・どんな支援を・どうするのか

サービス管理責任者と担当者だけでなく、
支援に関わる職員全員が参加します。
1人を「チーム」として支援するためです。
全員で目標を作り込むことで、個々の職員のスキルアップと同時に、
「1人が抱え込まない」「支援目標と具体的方法を共有する」
ことを目指しています。

火曜日の個別支援懇談、金曜日の個別支援会議。
週2回の個別支援に関する会議はハードです。
当然、会議を迎えるための準備も必要です。

それでも、お互いの考えが深まったとき。
会議の成果で、新たな目標を生み出したとき。
終わった後に高揚感というのか、充実感があります。

先日、ある方に桑の実の会議を褒めていただきました。
「凄いね。全員が意見をどんどん言うんだね」
「指名されても、直ぐに答えるんだね」と。

毎週会議を積み重ねている成果です。
桑の実の強み、財産にしていきましょう。

意見を述べる前に、付箋に書き留めるようにしています。
写真の通り、ボードに貼って意見を発表します。
「人の意見を聞いて、自分の意見を変えないために」
「声の小さな意見も拾えるように」
「そのまま記録として残せるように」

この手法を取り入れて、会議がグッと活性化したように感じます。
間違いなくスタッフのスキルが向上しています。
会議での意見を述べるスキルと
支援目標を設定するスキル、両方が向上しています。

今日の議論も、随分、深めることができた。
こんな会議を、ずっと続けて、進化させていきましょう。

お疲れさまでした。