記事一覧

工房見学の報告

ファイル 231-1.jpgファイル 231-2.jpgファイル 231-3.jpg

平成24年6月26日(火)10:00~11:30
小倉北特別支援学校高等部保護者の方々
20名が工房見学に来られました。
6月の上旬には現場実習を終えたばかりです。

桑の実工房には小倉北特別支援学校の出身者が
6名通っています。
最も長い方で10年の通所になります。

今日は木工と軽作業、それに絵画と調理の活動をしていました。
全ての作業を見ていただくことができないので、
「桑の実工房の一日」というビデオで他の作業を紹介しました。

また、スライドを使って、以下の説明をしました。
・桑の実工房設立の経緯
・これまでの歩み
・桑の実工房の理念
・平成24年度運営体制
・生活支援内容の紹介
・生産活動内容の紹介

高等部の保護者と集団が限定されていたので、
的を絞って説明することができました。

どの方とも目が合うというのか、
熱心に説明を聞いていただきました。
見学をして、話を聞いて、
自分自身で進路先の情報を得ることは、
進路選択で重要な活動です。

勿論、進路選択では、本人の体験と
本人の意思を尊重することが基本となりますが。

家族が自分の目で確かめた情報を持っておくこと。
できるだけ多くの事業所の情報を持っておくこと。
本人や教員と話し合いができる素地となります。
また、
家族同士の情報交換も、貴重な情報源ですね。

帰りには、所員の作品をたくさん購入していただきました。
所員も大喜びです。ありがとうございました。