記事一覧

地域清掃活動の報告

ファイル 344-1.jpgファイル 344-2.jpgファイル 344-3.jpg

田治支援員からの報告です。

平成25年9月25日(水)
木輪館さんが行っている地域の清掃活動を
就労継続支援B型の所員と参加してきました。

所員全員にゴミ袋を渡し、
軍手をしてゴミ拾いに出発。
工房を出るとすぐにタバコの吸殻や
ペットボトルなどがいくつも落ちていました。

「ひどいねぇ」「信じられんねぇ」と話しながら
工房の裏の道に行くと、
さらに信じられない光景が・・・

そこには大量の段ボールやビニール袋、接着剤の容器、
そして、一畳位のプラスチックの板や木の板が何枚も。
明らかに不法投棄です。
所員も私も「信じられん」を連呼。
まさか、こんな身近で不法投棄があるとは。

「信じられん」を連呼しながらも
自分たちで拾えるものは、拾おうと所員と話し、
段ボールやビニール袋を丸めてゴミ袋に入れました。
それだけでゴミ袋10袋分でした。

さすがにプラスチックの板は運べないので、
皇后崎環境センターに連絡し、
残りを回収してもらうことになりました。
所員と集めたゴミは、不法投棄をした人が
特定できるものがなければ
通常のゴミとして出しても問題ないそうです。

所員とは出向先へ向かう車中、
「ポイ捨てはいけんねぇ」
「不法投棄もいけんねぇ」と話しました。

今回の清掃活動は、所員そして私自身も含め
世の中で起きている社会問題を考える
良い機会となりました。