記事一覧

リユースパソコン寄贈式の報告

ファイル 410-1.jpgファイル 410-2.jpgファイル 410-3.jpgファイル 410-4.jpgファイル 410-5.jpg

平成26年6月25日(水)13:30~
北九州市本庁5階 プレゼンルームにて

新日鐵住金エンジニアリングによる
リユースパソコン寄贈式に
田治支援員・アンカーメンバー7名と出席しました。

寄贈式には、寄贈者として
新日鐵住金エンジニアリング株式会社
株式会社オージス総研
桑の実工房

受贈者として
社会福祉法人 歩みの会
社会福祉法人 孝徳会
特定非営利活動法人 帆柱自然公園愛護会
の3団体が受増する50団体の代表として

北九州市からは
松岡環境局長が出席されました。

寄贈式では
新日鐵住友金エンジニアリングから受贈団体へパソコンを贈呈
環境局長から新日鐵住金エンジニアリング、オージス総研に
感謝状を贈呈。
新日鐵住金エンジニアリングから桑の実工房へ感謝状を贈呈。

オージス総研様からPC再生作業の打診があった時には、
初めての取り組みで、不安も大きかったのですが、
田治支援員と7名の所員が真摯に作業に取り組み
納品することができました。

新しい作業へのチャレンジする気持ち。
できないことを恐れずに、
できるように考え、工夫をする姿勢。
アンカーのメンバー全員が共有していたことが
成功の秘訣でした。

また、
オージス総研の西辻室長、森實様には
何度も大阪から桑の実工房に出向き
きめ細やかに指導していただきました。

今回のリユースパソコン事業を通して、
支援員、所員が新しいスキルを獲得し、
2か月でスキルアップしているのを実感します。
1回でこの事業が終わるのはもったいない。
是非、今後もリユースパソコン事業が継続できること強く願っています。

今回
リユースパソコン事業を企画していただいた
新日鐵住友エンジニアリングCSR室長 樋口様。
細やかな配慮と調整ありがとうございました。

新日鐵住金エンジニアリングのホームページにも
紹介されています。是非、ご覧下さい。
https://www.eng.nssmc.com/news/detail/227