記事一覧

NPO法人むく PC工房視察報告

ファイル 502-1.jpgファイル 502-2.jpgファイル 502-3.jpgファイル 502-4.jpgファイル 502-5.jpg

平成27年7月23日(木)

事業所視察2日目。田治支援員と
特定非営利法人 自立支援センターむくを
(東京都江戸川区小松川1-5-2)
訪問しました。

写真1 トニワンビル外観
写真2 PCデータ消去
写真3 リユースPC販売
写真4 ライン スタンプキャラクター商品
写真5 ケーキ販売

東大島駅(都営新宿線)から徒歩1分
トニワンビルに法人事務局とPC工房があります。
立地条件は抜群です。

午後からの半日、
木村理事長、鈴木施設長に
PC工房、小松川支援センターを
案内していただきました。

圧巻でした。
九州にはない経営、運営。
着想から、その実現に向けての手法を
多岐にわたる事例で教えていただきました。

業務提携先や取引先には
東京都、江戸川区、日本マイクロソフト
日本公文教育、ヤクルト、ロッテ等々。
データ管理業務は江戸川区、東京スター銀行
小林洋行、総合警備保障等々。
これはPC工房を立ち上げて
5年間で新たに繋がった実績だそうです。

その繋がり方が実に誠実で、
只々、感心し唸るばかりでした。
決して自分の利益を優先していない。
後から生まれるように誠意を尽くしている。
勿論、それが策であっても、
相手はどんどん惹きつけられるのだろうと。
そんな理事長に阿吽の呼吸で添っている
鈴木施設長の存在。同志ですね。

PCの集積からデータ消去、OSのインストール
リユースPCの販売。
それを単独事業所でやっているのだから。
データ消去のセキュリティーには
当然だとはいえ、厳格にやっている。

それに加え
パワーストーンの製作と販売
子供たちに人気の駄菓子屋さん
パンとケーキの店
動画、音楽、キャラクターの製作等々。
これは、法人事業の一部なのです。

二日間の視察でヒートアップした頭を
よく冷やして。
桑の実の強みを改めて見つめ、
何を取り入れ、チャレンジするかを整理すること。

木村理事長、鈴木施設長
長時間本当に有難うございました。
何より
楽しそうに面白そうに
仕事を語るお二人に
力をいただきました。

九州には来られた時には
是非、ご連絡ください。
有難うございました。