記事一覧

北九州市民カレッジ報告

ファイル 528-1.jpgファイル 528-2.jpgファイル 528-3.jpgファイル 528-4.jpg

北九州市民カレッジ
講師を務める事務長からの報告です。

11月13日(金)13時30分から15時30分
西部障害者福祉会館、工芸室にて
市民カレッジ5回講座
「藍染めで共に作る
 ~世界にひとつだけのオリジナル作品~」
第1回目が行われました。

工房から福村さん、田中さんがスタッフとして参加しました。
午前中から、たくさんの荷物運び、シートを敷いての会場作り。
講座が始まると藍染め商品の紹介から
参加者のお世話と大活躍でした。

申込者は定員20名のところ
25名の方が申し込んでいただいたとのこと
嬉しいかぎりでした。
実際は、欠席者があり20名の参加者となりました。

学びのサポーター3名
生涯学習センターより大河内主事、北原さん
西部障害者福祉会館、安藤館長、岩永さん
障害者芸術文化応援センターより藤岡さんと
工芸室がいっぱい、活気ついた雰囲気となりました。

桑の実工房の紹介から始まり、
藍染めのはんかち作りとみなさんとても熱心でした。

昨年までは、7、8人の申し込みだったのが
今年は、随分増えてびっくりしていますとの
藤岡さんの言葉にも、もの作りの関心の高さに嬉しくなりました。

それぞれ工夫をしたはんかちが染め上がり、
温かい拍手もわいていました。

これから、バンダナ、エプロン作りと続いていきます。
楽しみです。

ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。
次回もよろしくお願いします。