記事一覧

第18回桑の実まつり ありがとうございました!

ファイル 531-1.jpgファイル 531-2.jpgファイル 531-3.jpgファイル 531-4.jpgファイル 531-5.jpg

第18回 桑の実まつり 
地域ボランティア、福祉関係ボランティアの方達に
ご協力いただき、盛会のうちに終えることができました。
ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました。

「チャレンジ」をテーマとして取り組んだ今年。

一番のチャレンジ
軽食を所員と職員で調理・販売をしたことです。
これまでは家族協力会が前日から仕込みをして
当日の調理、販売をしていました。
今年は
豆カレー・肉みそおでん・豚汁・鶏の梅風味丼・梅ひじきご飯
以上の日頃、昼食調理で作っているメニューです。

味も好評、ご来場の皆さんに喜んでいただけました。
メニュー企画から、前日準備、そして当時の調理、販売。
初めてのチャレンジ。基準線ができました。
お疲れ様!!

そして
餅つき。餅のつき手は体力勝負になるだけに
人手が最も必要なところです。
木輪館さん、塔野小学校おやじの会など
ボランティアさんに依存するばかりでなく、
自分達でも餅をつきあげようと。
これも、まず第1歩。
地域のどんど焼き餅つきでは、
所員も一員として参加しようと目論見ます。

染色・木工・ペイントの連続ワークショップも初挑戦。
もっと、わかりやすい案内が必要だったと反省も。
それでも、70人が体験。嬉しいですね。

実行委員反省会でも次年度に向けて
建設的な意見、大変参考になりました。

来年は、20周年の「桑の実まつり」
今年をベースに、新たなチャレンジです。

実行委員の皆さん、
所員、スタッフのみんな。
良きまつりとなりました。
お疲れさまでした!!!