記事一覧

赤間西地区コミュティ運営協議会「福祉講演会」

ファイル 582-1.jpgファイル 582-2.jpgファイル 582-3.jpgファイル 582-4.jpgファイル 582-5.jpg

平成28年9月3日(土)10:00~
宗像市赤間西地区コミュニティ運営協議会
健康福祉部会福祉講演会にお招きいただきました。
桑の実工房の商品販売もご一緒にと。

テーマは「発達障害者の豊かな可能性」
最初に「発達障害って言葉を聞いたことがありますか」と
フロアの方達への質問から入ったのですが、
約80名の方、ほぼ全員の手が上がりました。
皆さん、とても熱心にスライドを追い、耳を傾けて
健康福祉部会の日頃の活動が根付いているのを感じました。

コミュニティセンターに入った時に感じた雰囲気は
フロアの皆さんの関心の高さで納得ができました。
おそらく、地域の繋がりが豊かなのだろうと。

発達障害の特性をお話しながら、特に力をいれたのは
発達障害の方達と地域との繋がりです。
発達障害の方達の豊かな可能性を引き出すのは、
多様な個性と生き方を許容し、尊重する
私達、社会・地域の豊かさです。

質疑の時間も大変深く、私自信揺さぶられる発言ばかりでした。
自分の事を率直に語り、不安や、希望を皆さんに語りかける姿。
発達障害の特性を、分離でなく低年齢の頃から知ることの大切さ。
質問そのものが、研修をより掘り下げるものでした。
幾つもの新しい繋がりが生まれたようです。

会場入り口付近に、桑の実工房商品の展示と販売を行いました。
ここでも、沢山の方に手にとっていだきました。

今回の機会を作っていただいた
健康福祉部副会長 川平様には
事前の打ち合わせから、当日の細やかな御配慮まで
大変お世話になりました。ありがとうございました。

研修会の準備から、進行まで
赤間西地区運営協議会 濱田会長をはじめ
健康福祉部の皆さん、お疲れさまでした。
ありがとうございました。