記事一覧

就労継続支援B型事業の取り組み

ファイル 741-1.jpgファイル 741-2.jpgファイル 741-3.jpg

【新原支援員からB型事業の報告です】

桑の実工房のB型は平成25年の正式なスタートから
早くも8年が経過しました。
初めは5名の利用でしたが現在は11名が利用しています。
今年度は、
施設外就労としてアンカーネットワークサービスと青果市場に出向。
B型の開設当初からお世話になっているアンカーでは、
パソコンやネットワーク機器、ハードディスクの解体をしています。
日々の積み重ねで所員それぞれが大きくスキルアップできており、解体台数は年々増加。
アンカーの社員さんとも顔見知りになっていて、
声をかけていただくことも度々です。
所員と支援者だけでない一般の方々との関わり、
とてもありがたく思います。

昨年5月から始まった野菜の加工は1年が経過したところです。
初めはピーラーや包丁を使った経験が少なく、
大根・人参・里芋の皮むきはとても苦労しましたが、
今では短時間で見た目にも綺麗な状態で可食部を多く残した仕上げができるようになりました。
青果の社員さんからの評判も上々で、
キャベツの芯取りやコンプレッサーを使った玉ねぎの加工も
任せていただけるまでになっています。
青果での仕事を経験する中で、最近所員に嬉しい変化がありました。
掃除のスキルが格段に上達したことです。
掃除が不確実だと残った生ゴミから悪臭がでたり虫が集まったりして
翌日の作業がやりにくくなります。
そのような経験を何度も繰り返してゴミを残さず取り去るという意識が芽生えました。
掃除をする目的を真に理解できた時、スキルアップが図れたと思います。
これからも出向先での様々な経験を通して所員の“できた!”を増やしていきたいです。

“働く“ことに加えて、今年は”生活スキルを磨く“ことを
重点的に取り組むテーマに据えました。
将来の生活の場での困り事が少なくなるように、
出勤後の係活動や土曜日に生活面の支援をおこなっています。
係活動では、トイレ掃除や窓ふき、雑草抜き、掃除機かけ、
床の雑巾がけ、ゴミだし、作業着の洗濯、出勤簿の押印など
多岐にわたる活動をしています。
毎日の積み重ねでそれまで難しかったことも少しずつできるようになってきました。
スモールステップでの課題設定をこれからも続けていきたいです。
入浴ではそれぞれの実態に応じてグループを分けて支援しています。
髪や体の洗い方は手順書を使って流れを示し、
支援者が洗っている場面を見てもらうことで指の使い方を助言します。
B型の所員は1人で入浴している方が多いので、
定期的に一緒に入ることで保清状況や洗い方を確認しています。
土曜日の調理では所員と職員あわせて50人分の食事を作っています。
これからも調理の経験を積んで、炊飯や食器洗いなど将来の
暮らしで活かせるチカラを獲得してもらいたいと考えています。