記事一覧

染色エントランス展示報告

ファイル 764-1.jpegファイル 764-2.jpeg

【山村支援員からの報告です】
3月エントランスの展示。2020年度最後の展示研修でした。
3月ということで「春・桜」をテーマに各作業部で
色を意識した展示を行っています。

私自身今年度、展示研修を受ける中で改めて
作品作りについて考えた一年となりました。
染色部では「デザイン・線を活かした模様」に力を入れた年。
今回のエントランスの中心には2020年度の締めくくりとなるよう
今年度新しく挑戦をした縫いの技法「つまみ絞り」の作品を展示しました。

実はこの縫い方、泉さんの個別支援目標に取り組む中で
「この縫い方で縫ってみたいです」という彼女の言葉から生まれた作品です。
作成期間デザインから仕上げまで5カ月。
縫い目が大きくならない様に、まっすぐ縫えるようにと意識し
気に入らない時には何度もやり直しを重ねやっと完成したこの作品。
染め終わり、布を広げたときの達成感を 所員と一緒に味わうことが出来、
私自身もとても学ぶ事の多い作品となりました。

次年度も基礎となる直線縫いを積み重ね、販売に向け所員と一緒に
新しい模様や縫い方の技法に挑戦していきたいと思います。