記事一覧

塔野ふれあい花壇整備

ファイル 809-1.jpgファイル 809-2.jpgファイル 809-3.jpgファイル 809-4.jpgファイル 809-5.jpg

2022.7.16
今年度の新規プロジェクトの一つ
地域連携活動「塔野ふれあい花壇整備」の
第1回目の活動を行いました。

塔野ふれあい花壇は
北九州市道路サポーターの登録団体である
「塔野まち協花咲ポットクラブ」(会員15名)が
日々整備を行っています。

桑の実工房に隣接する道路に
季節毎の花が植えられ、写真スポットにもなっています。
代表を中心に、苗植えから、除草作業、散水等
日々の整備をする姿に心動かされていました。

工房に隣接する道路であり、
日々の整備に汗を流している姿を目の当たりにして、
工房の所員と職員も「街づくり」の一員でありたいと
花壇整備の活動を提案させていただきました。

夏草の勢いある時期で、第1回目は除草作業から。
朝礼で辻本代表と活動の紹介。
6つのグループに分かれて作業を行いました。
雑草と花の咲いていない苗を区別するのは難しい。
現場で助言を受けて作業を進めました。

準備から片付け迄、2時間の作業。
所員・職員、40名の人力は大きなもの。
綺麗になった花壇を見るのは気持ちの良いものです。

辻本代表とも話したこと
「続けていくことが大事だね」
本当にそう思います。
理事長も会員の1人で活動をしていますが、
桑の実の所員と職員が道路サポーターの会員になれたら
「誇らしい」と思います。

誰かが、気付かないところで街を綺麗にしている。
そんな街づくりの一員として在りたい。
第2回の活動の計画を進めます。