記事一覧

かがやきアートギャラリー<桑の実工房展>

ファイル 683-1.jpgファイル 683-2.jpgファイル 683-3.jpgファイル 683-4.jpg

北九州市障害者芸術文化応援センター主催
かがやきアートギャラリー「桑の実工房展」が
北九州市役所1Fにて10月31日まで開催されます。
9作品を出展しています。
◇機関車<石江さん>
◇こおろぎとカマキリ<葛嶋さん>
◇オウム<平野駿介さん>
◇鶏頭の花<森さん>
◇野山<福村さん>
◇秋の花<野口さん>
◇虹線路<河村さん>
◇踊る春<大浦さん>
◇月と猫<平野めぐみさん>
 北九州市長賞受賞作品

これまで絵画の時間に前野支援員と濱方支援員とで
描いた作品です。
小倉へ出向いた時には、是非ご覧くださいね。

小倉織ワークショップ<塔野社協>の報告

ファイル 682-1.jpgファイル 682-2.jpgファイル 682-3.jpgファイル 682-4.jpgファイル 682-5.jpg

平成30年9月26日(水)10:00~
小倉織ワークショップに
塔野社会福祉協議会福祉協力員の方達
10名が小倉織のストラップ作りを体験しました。

桑の実工房からは
大浦さん、田中さん、寺﨑さん、本家さんが
ストラップ作りを実演。
太さを揃え、目を詰めて織り上げていきます。
「いやぁ 綺麗ねー」の言葉に満面の笑み。

豊前小倉織研究会から3名の講師を招いて
細やかに教えていただきながら
簡易織機を上下して、糸を通して織っていきます。
ストラップの太さは経糸の貼り加減が肝心です。
単純なようであって
なかなかコツを捉えるまでが難しい。
皆さん真剣な顔であっという間に時間が経ちます。

体験後は短い時間でしたが
工房で作ったシフォンケーキとクッキーで茶話会
いつも、桑の実祭りや展示会で接している方達と
今回は違った形での交流。
染色・ペイントに続いての小倉織ワークショップ。
今後も交流が継続できたらと思います。

また、藍染や小倉織ストラップワークショップ希望の方は
桑の実工房までご連絡下さい。

手しごとふくし逸品展 VOL.3のご案内

ファイル 681-1.jpgファイル 681-2.jpg

NPO法人 北九州小規模連
北九州共同受注センター 主催
(共催:北九州市)

手しごとふくし逸品展 VOL.3が
9月21日(金)~23日(日)11:00~18:00
クロサキメイト2F中央広場にて開催されます。

北九州小規模連 会員事業所から
◇桑の実工房
◇北九州視覚障害者就労支援センターあいず
◇北九クローバーさわやか
◇BOCCHI
◇障がい者就労支援事業所こころ
◇リーシュ
◇ワークなごみ
◇のぞみ作業所
以上の8事業所が出品します。

各事業所とっておきの「逸品」を
選りすぐって販売いたします。
是非、お立ち寄り下さい。

桑の実だより9月号<196号>

ファイル 680-1.jpgファイル 680-2.jpgファイル 680-3.jpg

桑の実だより9月号が完成しました。
夏の展示会報告がメインとなっています。

1P
◇「今年もありがとう」展示会のお礼
2・3P
◇各コーナーの様子
4P
◇居住区活動紹介
◆医師訪問健診と相談が始まりました
◇ゆんたす珈琲展示会のお知らせ
◆祇園際の報告

今月号も盛り沢山です。
画像をクリックしてご覧ください。

夏の展示会 お礼

ファイル 679-1.jpgファイル 679-2.jpgファイル 679-3.jpgファイル 679-4.jpgファイル 679-5.jpg

夏の展示会 700名を超える方々にご来場いただきました。
ありがとうございました。

今年は紹介やポスター、チラシをご覧になっての
新しい方のご来場が多くありました。
予期せぬ繋がりや企画も生まれて嬉しい限りです。

一番人気は磁器やガラスのペイント商品でした。
加えて、小倉織ストラップや
ゲスト出店の里山商会さんの商品も大好評でした。
お客様からいただいた写真を添えます。

猛暑の中、足を運んでいただいた皆さん
またご案内します。ありがとうございました。

夏の展示会のご案内

ファイル 678-1.jpgファイル 678-2.jpgファイル 678-3.jpgファイル 678-4.jpgファイル 678-5.jpg

8月23日(木)~26日(日)
桑の実工房 夏の展示会です。

会場準備が整いました。
展示やまつりに常連の方は勿論
年に一度、展示会でお会いできる方
そして、今年初めてのご来場いただける方
沢山の方々とお会いできるのを
楽しみにしています。

今年は染色・木工・ペイントに加え
小倉織のデビューと
里山商会さんとのコラボになります。

ぜひ、ご来場下さいね。お待ちしています!

昼食支援の打合

ファイル 677-1.jpgファイル 677-2.jpgファイル 677-3.jpgファイル 677-4.jpg

2018.8.7 11:00~
八幡特別支援学校より
栄養教諭・養護教諭・コーディネーターの
3名が来所されました。
2018.12.8
「知的障害特別支援学校の昼食支援」を
テーマとして法人研修を企画しています。
打ち合せを兼ねての見学でした。

工房設立の経緯から取り組みを説明した後、
まず、昼食を作る場面を見ていただきました。
支援区分4から6までの方達と職員が40食を
それぞれ分担をして作る場面。
栄養教諭の目を通して、改善が必要な部分と
評価できる部分。

一つ一つの会話の中に学びがあり、
主に知的障害の障害福祉サービス事業所職員と
この言葉を共有したいと強く思いました。

次に、食事場面を見ていただきました。
環境(机と椅子)、食材の大きさ、咀嚼・・等
個別支援が当然ですが、全員に共通することもあります。

葉物の食感が苦手で食べられない方へ
「残していいよ」の支援に加えて
食感に視点をあてた調理法。
咀嚼を十分にせずに呑み込んでいる方へ
咀嚼がしやすい食材の大きさや
食感。

「食事」を
見守りやルーティンで終わらせるのでなく、
体を作る源として
質や楽しみや豊かさを求めることを
支援者がサポートする。
この視点を改めて共有するために
まず、研修会を12月に実施します。

2時間の見学を通しての打合せでしたが、
内容の濃い、次の道筋が見える
貴重な時間でした。

桑の実だより8月号<195号>

ファイル 676-1.jpgファイル 676-2.jpgファイル 676-3.jpgファイル 676-4.jpg

桑の実だより8月号が完成しました。

1P
◇桑の実工房 夏の展示会のお知らせ
2P
◇夏の展示会 各コーナーの紹介
3p
◇福祉のしごと合同面談会in北九州
◆小倉織 ワークショップ
◇ながの医院 健診を終えて
◆祇園際の報告
4P
◇法人研修「意思決定ガイドライン」
◆福岡県立大学相談援助実習説明会
◇シアワセな牛かがやき作品展

今月号も盛り沢山です。
画像をクリックしてご覧ください。

桑の実工房 夏の展示会のご案内~ vol.1「木工」

ファイル 675-1.jpgファイル 675-2.jpgファイル 675-3.jpgファイル 675-4.jpg

今年度の展示会では、「京築ヒノキ」の間伐材を使った
木べら作りに力を入れています。
京築ヒノキは福岡県京築地方特産のブランド材。
ピンクのような紅色が入っていることが特徴です。
4年前、福岡県産の木材で商品作りをしたいという想いから、
築城町にある「京築ブランド館」とつながり、
京築ヒノキのを仕入れられるようになりました。
このヒノキを工房の職人たちが磨き上げることで、
良さをさらに引き出しています。
京築ヒノキの商品は、定番のターナー3種を中心に、
しゃもじや靴べらも作っています。
ヒノキの商品の他にも、みそベラや杓子、
バターナイフ、デザートスプーン等、
「ごはんがおいしくなるキッチンツール」を沢山揃えています。
里山商会さんのおいしい食材と、
桑の実工房の木べらを使ってごはん作り。
楽しい食卓になると思います。
皆様のご来場をお待ちしております。

桑の実工房2018夏の展示会

ファイル 674-1.jpgファイル 674-2.jpgファイル 674-3.jpg

2018 桑の実工房 夏の展示会のお知らせです。

今年のテーマは「おいしいごはん」
~キッチンツールと里山のごちそう~

期間は8月23日(木)~26日(日)の4日間
例年より2日間短縮しています。
ちょっと混み合うかもしれませんが、お許しを。
開場時間は10時~16時。
会場は「あー落ち着くねー」と好評の
「月瀬八幡宮社務所」です。

メインは
京築ひのきを使用した木べらなどの木製キッチンツールと
今年のコラボ先「里山商会」さんの
里山のお米や加工品など、美味しい食材を販売します。
コラボ先の「里山商会」さんは
リバーウォーク1FにSHOPを構え
京築を中心に福岡県産、九州産のこだわり
食材・加工品のセレクトショップです。

テーマ以外にも
染色・木工・ペイントのオリジナル商品と雑貨を販売します。
今年は、新商品として
小倉織のストラップが初登場。
所員が簡易織機で織り上げたストラップ、
商品数は限られていますが、お楽しみに。

喫茶コーナーでは
アイスコーヒー・しそサイダーに加えて
里山商会さんから仕入れた
「豆乳甘酒(ブルーベリー)」も新登場。
グラノーラクッキー、フロランタンと
合わせてお楽しみ下さいね。

今年のポスターとチラシは
マイアミ企画さんにお願いしました。
おいしいごはん、おいしい生活の
イメージ通りで。

昨年は800名を超える方達にご来場いただきました。
今年も、お会いできるのを楽しみにしています。
お誘い合わせの上、お越しください。お待ちしております。