記事一覧

夏の展示会のご案内

ファイル 678-1.jpgファイル 678-2.jpgファイル 678-3.jpgファイル 678-4.jpgファイル 678-5.jpg

8月23日(木)~26日(日)
桑の実工房 夏の展示会です。

会場準備が整いました。
展示やまつりに常連の方は勿論
年に一度、展示会でお会いできる方
そして、今年初めてのご来場いただける方
沢山の方々とお会いできるのを
楽しみにしています。

今年は染色・木工・ペイントに加え
小倉織のデビューと
里山商会さんとのコラボになります。

ぜひ、ご来場下さいね。お待ちしています!

昼食支援の打合

ファイル 677-1.jpgファイル 677-2.jpgファイル 677-3.jpgファイル 677-4.jpg

2018.8.7 11:00~
八幡特別支援学校より
栄養教諭・養護教諭・コーディネーターの
3名が来所されました。
2018.12.8
「知的障害特別支援学校の昼食支援」を
テーマとして法人研修を企画しています。
打ち合せを兼ねての見学でした。

工房設立の経緯から取り組みを説明した後、
まず、昼食を作る場面を見ていただきました。
支援区分4から6までの方達と職員が40食を
それぞれ分担をして作る場面。
栄養教諭の目を通して、改善が必要な部分と
評価できる部分。

一つ一つの会話の中に学びがあり、
主に知的障害の障害福祉サービス事業所職員と
この言葉を共有したいと強く思いました。

次に、食事場面を見ていただきました。
環境(机と椅子)、食材の大きさ、咀嚼・・等
個別支援が当然ですが、全員に共通することもあります。

葉物の食感が苦手で食べられない方へ
「残していいよ」の支援に加えて
食感に視点をあてた調理法。
咀嚼を十分にせずに呑み込んでいる方へ
咀嚼がしやすい食材の大きさや
食感。

「食事」を
見守りやルーティンで終わらせるのでなく、
体を作る源として
質や楽しみや豊かさを求めることを
支援者がサポートする。
この視点を改めて共有するために
まず、研修会を12月に実施します。

2時間の見学を通しての打合せでしたが、
内容の濃い、次の道筋が見える
貴重な時間でした。

桑の実だより8月号<195号>

ファイル 676-1.jpgファイル 676-2.jpgファイル 676-3.jpgファイル 676-4.jpg

桑の実だより8月号が完成しました。

1P
◇桑の実工房 夏の展示会のお知らせ
2P
◇夏の展示会 各コーナーの紹介
3p
◇福祉のしごと合同面談会in北九州
◆小倉織 ワークショップ
◇ながの医院 健診を終えて
◆祇園際の報告
4P
◇法人研修「意思決定ガイドライン」
◆福岡県立大学相談援助実習説明会
◇シアワセな牛かがやき作品展

今月号も盛り沢山です。
画像をクリックしてご覧ください。

桑の実工房 夏の展示会のご案内~ vol.1「木工」

ファイル 675-1.jpgファイル 675-2.jpgファイル 675-3.jpgファイル 675-4.jpg

今年度の展示会では、「京築ヒノキ」の間伐材を使った
木べら作りに力を入れています。
京築ヒノキは福岡県京築地方特産のブランド材。
ピンクのような紅色が入っていることが特徴です。
4年前、福岡県産の木材で商品作りをしたいという想いから、
築城町にある「京築ブランド館」とつながり、
京築ヒノキのを仕入れられるようになりました。
このヒノキを工房の職人たちが磨き上げることで、
良さをさらに引き出しています。
京築ヒノキの商品は、定番のターナー3種を中心に、
しゃもじや靴べらも作っています。
ヒノキの商品の他にも、みそベラや杓子、
バターナイフ、デザートスプーン等、
「ごはんがおいしくなるキッチンツール」を沢山揃えています。
里山商会さんのおいしい食材と、
桑の実工房の木べらを使ってごはん作り。
楽しい食卓になると思います。
皆様のご来場をお待ちしております。

桑の実工房2018夏の展示会

ファイル 674-1.jpgファイル 674-2.jpgファイル 674-3.jpg

2018 桑の実工房 夏の展示会のお知らせです。

今年のテーマは「おいしいごはん」
~キッチンツールと里山のごちそう~

期間は8月23日(木)~26日(日)の4日間
例年より2日間短縮しています。
ちょっと混み合うかもしれませんが、お許しを。
開場時間は10時~16時。
会場は「あー落ち着くねー」と好評の
「月瀬八幡宮社務所」です。

メインは
京築ひのきを使用した木べらなどの木製キッチンツールと
今年のコラボ先「里山商会」さんの
里山のお米や加工品など、美味しい食材を販売します。
コラボ先の「里山商会」さんは
リバーウォーク1FにSHOPを構え
京築を中心に福岡県産、九州産のこだわり
食材・加工品のセレクトショップです。

テーマ以外にも
染色・木工・ペイントのオリジナル商品と雑貨を販売します。
今年は、新商品として
小倉織のストラップが初登場。
所員が簡易織機で織り上げたストラップ、
商品数は限られていますが、お楽しみに。

喫茶コーナーでは
アイスコーヒー・しそサイダーに加えて
里山商会さんから仕入れた
「豆乳甘酒(ブルーベリー)」も新登場。
グラノーラクッキー、フロランタンと
合わせてお楽しみ下さいね。

今年のポスターとチラシは
マイアミ企画さんにお願いしました。
おいしいごはん、おいしい生活の
イメージ通りで。

昨年は800名を超える方達にご来場いただきました。
今年も、お会いできるのを楽しみにしています。
お誘い合わせの上、お越しください。お待ちしております。

福岡県弁護士会・八幡西警察署研修会の報告

ファイル 673-1.jpgファイル 673-2.jpgファイル 673-3.jpg

2018年6月27日(水)福岡県弁護士会研修会<50名>
2018年7月18日(水)八幡西警察署研修会<100名>で

発達障害の特性 ~「気付く」「繋ぐ」をテーマに
事例を交えながら話をしました。

丁度近い時期に立場の異なる二つの団体からの依頼。
発達障害の特性に関しては共通の資料で進め
「気付く」「繋ぐ」に関しては
それぞれの立場から分かりやすいように
異なる資料を準備しました。

警察官も弁護士も発達障害を「知らない」方が
多くの割合でいます。

発達障害と気づいて対応することと
知らずに対応することは
大きな差が生じます。

警察官や弁護士に発達障害専門の方は
ごく少数であることから
まず現場で「気付いて」
専門機関や福祉に「繋ぐ」ことが
事後支援の重要なポイントです。

警察官、弁護士と異なる立場であり
様々な意見や社会からの要望があるにせよ
核となるのは
本人がより良く暮らしていくための
支援に繋ぎ、必要な支援を創り、
支援を継続していくことです。

そのために発達障害を知り、気付かないと。
そうでなければ初動と対応を誤ってしまいます。
特別な対応ではなく、当たり前の配慮として。

桑の実たより7月号<194号>

ファイル 672-1.jpgファイル 672-2.jpgファイル 672-3.jpgファイル 672-4.jpg

桑の実だより7月号<194号>が完成しました。

1P・・工房見学会の報告
2P・・◇九州地区知的障害特別支援学校
    校長会・PTA研究協議会
   ◇クルード10周年祝賀会
   ◇福岡市弁護士会
3P・・◆金山川清掃報告
   ◆宿泊支援始まりました
4P・・特別支援学校実習生報告

画像をクリックしてご覧ください。
   
   

河川氾濫 避難訓練の報告

ファイル 671-1.jpgファイル 671-2.jpgファイル 671-3.jpgファイル 671-4.jpgファイル 671-5.jpg

平成30年6月29日(金)10:00~12:00
河川避難訓練を実施しました。
今年は熊野神社社務所に避難をしました。

桑の実工房は金山川に沿って建っています。
昨年は7月7日、早朝に避難勧告がありました。
幸い、所員が出勤する前で大きな混乱はありませんでした。
ハザードマップでも、氾濫時の浸水が予想されています。

地域の方と市民センターに避難する訓練を実施したこともあります。
所員40名が雨の中、車で避難しますので駐車場の課題等がありました。
今年は、熊野神社の社務所を避難場所として避難訓練を実施しました。
会議室と和室の二部屋を避難時に使用する契約を
熊野神社総代と結び、使用の許可を得ました。

今日は、職員・所員が初めて利用することになります。
発達障害の方達が多く、初めての場所や日常と違う空間
日常と違うスケジュールへの配慮を
スライド、写真、文字等をつかって
分りやすい説明を心掛けました。

社務所では初めての居場所で戸惑う方もいましたが、
避難訓練を定期的に実施して、空間を知り
不安を少なくしていきます。

収穫は、落ち着いた状態をつくることができたこと
余裕のある避難と待機ができたこと
所員が河川氾濫時の見通しをもったことです。

避難場所として契約をしていただいた
熊野神社総代の方々に感謝です。

法人主催研修会のお知らせ

ファイル 670-1.jpgファイル 670-2.jpg

【研修会のお知らせ】
社会福祉法人 桑の実会主催研修会行います

 ~支援の現場から~
 意思決定支援を考える

平成29年3月 厚生労働省より
意思決定支援ガイドラインが通知されました。

「意思決定支援とは何か」
ガイドラインと寺島氏の講演から
学び、深めていきます

Pディスカッションでは
具体的事例を基に意思決定支援を
支援の現場から考えていきます

この研修会の対象は
桑の実工房役員 職員・ご家族 
及び 北九州小規模連会員事業所です
一緒に考えていきませんか

*画像をクリックしてご覧下さい。

夏の展示会 コラボ先がきまりました。

ファイル 669-1.jpgファイル 669-2.jpgファイル 669-3.jpgファイル 669-4.jpg

2018夏の展示会 コラボ先がきまりました。
「里山商会」さんです。
おいしいごはんと木べらと京築をキーワードに
テーマを練っています。
今日は里山商会さんとマイアミ企画さんとの打合せ。

桑の実工房が大切にしていることや
染色・木工・ペイント・小倉織の物つくりについて
真っ直ぐに聞いていただいて
頷きや微笑みや折り返しの言葉に
チャレンジしてみようと
新たな気持ちが湧きました。

食品をメインテーマに組み込むのは
初めてです。
大切なご縁。じっくりいきましょう。

フェイスブックでも紹介しています。
ご覧くださいね。
https://www.facebook.com/桑の実工房日々の綴り-1731265150455307/