記事一覧

就労継続支援B型 施設外就労の報告

ファイル 653-1.jpgファイル 653-2.jpgファイル 653-3.jpgファイル 653-4.jpgファイル 653-5.jpg

平成30年3月14日
就労継続支援B型事業で施設外就労をしている
(株)アンカーネットワークサービス事業所を訪問しました。

スタッフ1名~2名と所員9名~11名が出向して
PCの解体と分類作業を行っています。
取り組み始めて8年になる事業です。
所員のスキルアップには目を見張るものがあります。
それぞれが、自分の得意を活かして次々と解体していきます。
スタッフは全体を俯瞰し、所員からの報告に応じること。
事業所内で取り組んでいた作業を
工場内でチャレンジさせて欲しいと提案して正解でした。

平成30年度の報酬改定で施設外就労の取り扱いが変わりますね。
仕事を一般企業の中に求め、支援を受けながら
共に現場で働くことを推進していく加算の在り方に賛成します。
勿論、福祉事業所内で支援を受けながら働く多様性が
認められていることは根幹です。

午後から
同じく就労継続支援B型事業で取り組んでいる
有限会社「タイシン九州」に施設外就労の提案をしました。
現在、二人の所員が洗剤の袋詰めと整理の仕事を行っています。
一般企業現場で日々仕事をすることで、
様々なideaやチャンスが生まれます。
今日も、社長から魅力的な提案を受けました。

小さく生んで大きく育てる。
まず、生むこと。
実働です。

第68回法人理事・監事会

ファイル 651-1.jpgファイル 651-2.jpgファイル 651-3.jpg

平成30年2月13日(火)19:00~21:00
第68回法人理事・監事会を行いました。

議案は
◇平成29年度補正予算案
◇平成30年度法人事業説明会
◇平成30年度法人事業計画素案

報告事項として
◇理事長職務執行状況
◇平成29年度法人及び一般指導監査報告
◇御下賜金拝受

以上の項目の審議と報告を行いました。
社会福祉法人制度改革後、2度目の理事会となりました。
今回は、メインは補正予算の審議でした。
それに加えて、平成30年度の法人事業説明会の
意義と開き方について審議をしました。

所員の人数が増え、事業説明会の内容も
年々変化をしています。
実態に合わせて変化をすることが必要です。
モニタリングができているのかが問われます。

所員・家族・法人役員・評議員・職員が参加をしてきた
これまでの法人説明会の意義と役割を確認しました。
その上で、
規模が大きくなってきたことや
所員にわかりやすくする説明と
家族を対象にした説明を明確にするために
新しい形態とすることとしました。

また、説明会だけでなく
平成14年から数年取り組んでいた
工房の作業・生活支援公開を行うこととしました。

日程や詳細はこれから詰めていくこととなりますが、
この理事会で
入所式・運営説明会を所員対象
法人事業説明会をご家族・法人評議員対象
工房公開をご家族・法人役員・評議員対象と
位置付けました。

各理事・監事から
様々な角度からの意見と提案、
説明の在り方などを示唆いただきました。
議論を深めることができた有意義な2時間でした。

小池特別支援学校バザー報告

ファイル 650-1.jpgファイル 650-2.jpgファイル 650-3.jpg

2月3日(土)小池特別支援学校の作品展に
販売で参加してきました。
【濵村支援員からの報告です】

来客された多くの方が生徒が作った作品や
作物を手に取りにぎわっていました。

桑の実のブースでは商品の販売を
高橋さんと松島さんが担当しました。
高橋さんの作ったガラスの商品が4つ売れ、
自分で商品の受け渡しまで行うことができました。
松島さんは代金の受け渡し、商品渡しを担当しました。
昨年に比べると販売の流れや動きを理解していて、
落ち着いて対応できている姿に感心しました。

喫茶コーナーでは三島さんと山添さんが
ホットコーヒーやジュース、物品の販売を担当しています。
今年は実習で来ていた占部さんにサポートしてもらいながら
「コーヒーたくさん売れたね!!」
と盛り上がり、楽しく販売出来た様子でした。

また来年が楽しみです♪♪

桑の実だより2月号<189号>

ファイル 649-1.jpgファイル 649-2.jpgファイル 649-3.jpgファイル 649-4.jpg

桑の実だより2月号<189号>です。
画像をクリックしてご覧下さい。

1P
◇福岡三越「まごころ製品」大規模販売の報告
2P
◇支援ツール紹介
◇どんど焼 報告
3P
◇がんばったこと
 できるようになったこと
4P
◇新送迎支援員 【城さん】紹介
◇2月のバザー・販売 お知らせ
◇風邪・インフルエンザの予防

「まごころ製品」大規模販売会 展示完了

ファイル 648-1.jpgファイル 648-2.jpgファイル 648-3.jpgファイル 648-4.jpgファイル 648-5.jpg

いよいよ明日 1月17日から始まる
第5回「まごころ製品」大規模販売会
展示が完了しました。
今年もエントランスを担当しています。
会場図を添付しています。
拡大してご覧下さい。

今年は県内66事業所、商品点数56000点が
福岡三越9F催事場に集まりました。

目標来客者数は3万人。
是非、お誘いあわせの上、ご来場下さい。
楽しみにお待ちしています!!

桑の実だより1月号<188号>

ファイル 647-1.jpgファイル 647-2.jpgファイル 647-3.jpgファイル 647-4.jpg

桑の実だより1月号<188号>完成しました。
1P
◇2018年 祝 成人
 【清水 海里】さん
 【藤原 敦志】さん
 二人の新成人の紹介です
2P
◇福岡県「まごころ製品」大規模販売会のお知らせ
◇新作「おふきん」の紹介
3P
◇桑の実まつり慰労会&忘年会
◇調理<新しい活動の紹介>
4P
◇天皇陛下より御下賜金を拝受しました
◇小倉織用「簡易織機」30個を
 寄付していただきました

画像を拡大してご覧ください。

第5回福岡県「まごころ製品」大規模販売会のお知らせ

ファイル 646-1.jpgファイル 646-2.jpgファイル 646-3.jpgファイル 646-4.jpgファイル 646-5.jpg

平成30年1月17日(水)~21日(日)
午前10時~午後8時(最終日は午後5時まで)
第5回福岡県「まごころ製品」大規模販売会を
福岡三越9階 催事場にて開催します。
県内の障害福祉事業所が60事業
商品数5万点を出品・販売します。

今年も9階催事場入口のエントランスホールを
桑の実工房が担当します。
写真は昨年のエントランスディスプレイです。

今年は、イベントも盛り沢山で
「まごころ製品」美味しいものグランプリ2017
受賞商品販売やJOY倶楽部のライブペインティング
19日(金)にはクッキングパパ作者の
「うえやまとち先生」の似顔絵チャリティ
20日(土)くまもん登場
20日(土)21日(日)は
博多食文化の会スペシャルイベントで
特別メニューの提供があります。

北九州では手にできない商品が沢山あります。
是非、福岡三越9階へ足をお運び下さい。
お待ちしています。

桑の実まつり慰労会&忘年会

ファイル 645-1.jpgファイル 645-2.jpgファイル 645-3.jpgファイル 645-4.jpegファイル 645-5.jpg

平成29年12月22日(金)
桑の実まつり慰労会&忘年会

桑の実まつりの振り返り
山根支援員からのクイズと
染色・本部・本部補助・餅つき・木工
販売・軽食・喫茶・野菜販売・受付・餅販売
それぞれの担当からスライドを使って
まとめの発表をしました。

記録の写真が整理されていると
鮮明に思い出すことができます。
みんなが画面を食い入るように見て
自分が映るとすごく嬉しそう。

振り返りの会を終えて
お楽しみの外食
今年は
八幡屋・グローバルアリーナ・金福の
3つの場所に分かれての昼食

美味しいものを食べた!って
顔をして所員が帰ってきました。
良い年忘れになりましたね。

NPO法人北九州小規模連<第2回発達障害研修>

ファイル 644-1.jpgファイル 644-2.jpgファイル 644-3.jpgファイル 644-4.jpgファイル 644-5.jpg

平成29年12月20日(水)19時~
NPO法人北九州小規模連研修会
第2回「障害基礎研修」(発達障害)を
桑の実工房で行いました。

第1回は発達障害の豊かな可能性をテーマに
特性を理解し、強みを活かした支援について
事例を交えて説明をしました。
このテーマは、2016年自閉症啓発デーで
実践発表をしたものです。

今回は、講義、座学ではなく
桑の実工房で発達障害の方達に具体的に
どんな支援ツールを使って、
どんな環境設定をしているかを
見学を通して研修を深めていきました。

それぞれの事業所で環境整備や
支援ツールの作成をしていると思います。
大切なことは、上手くいっている実践例やツールを
共有すること。
そして、さらに改善を加えていくことです。

その点で、今回のように
多くの事業所が参加して支援の現場を見ながら
情報交換をすることは価値があります。
活動を重ねてきた
小規模連ならではの取り組みだと思います。
皆さんが熱心に研修を深めているのを見ると
継続こそ力になると実感します。

RKB旬感テレビの撮影がありました

ファイル 643-1.jpgファイル 643-2.jpgファイル 643-3.jpgファイル 643-4.jpgファイル 643-5.jpg

平成29年12月6日(水)10:00~12:00
RKB旬感テレビの取材がありました。
共同受注センター主催「手づくり逸品展」で
出品する商品づくりの取材です。
桑の実工房のこれまでの歩みを大切にして下さる取材で、
桑の実まつりにも事前取材に来ていただきました。

染色・木工・ペイントの商品づくりの様子を撮影。
いつも通りに、皆が黙々と取り組んでいる姿を
いろんな角度から撮影。

どの仕事も「黙々と」
桑の実工房の特徴の一つです。
手が動くと口は止まる。
自分の仕事に自分のペースで集中しているのが
伝わってきます。

放映は1月24日(水)午後7時53分から
どんな編集なのか楽しみです。